アイマスクで光をシャットダウン

旅先のホテルでなかなか寝付けない、という方は多いです。枕が変わると眠れない、といった環境が原因の不眠は珍しくありません。 よく眠れるようになる便利グッズがアイマスクです。人間は暗くなると、体内時計が働き自然と眠たくなります。アイマスクで光をシャットダウンすることで暗闇を作り、身体が眠りにつきやすい状態にしてくれます。 街中のホテルなどは夜中まで明るく、カーテンの隙間から光が漏れて眩しくて眠れないということもあります。こんなときも、アイマスクを持っていれば光を遮断することができ、快適な睡眠を作り出すことができます。 アイマスクは移動中の仮眠にも使える便利グッズなので、旅先に1個持って行くといいでしょう。

マスクで睡眠中の乾燥や嫌な臭いを防ぐ

ホテルの部屋は乾燥していることが多く、乾燥が気になって眠れないという方も多くいます。マスクを付けて寝ることで、自分の呼吸がスチームの役割を担い、睡眠中の乾燥を防ぐことができます。起きた時に喉が痛い、ということも、マスクがあれば予防できます。 また、ホテルの部屋によっては喫煙可のところがあり、部屋に煙草の臭いが染み付いていることもあります。この臭いが気になり眠れない、というときも、マスクを付けることで嫌な臭いをシャットダウンすることができます。 最近では寝るときに付ける専用のマスクが販売されています。寝返りを打ってもずれないように作られており、長時間付けていても違和感がありません。ホテルの環境は実際に行ってみなければ分からないので、もしものためにマスクを持って行くといいでしょう。