運転手への配慮が大切!助手席での過ごし方

プライベートな空間が確保できる自動車で旅行される方も多いでしょう。しかし長時間自動車に乗っていると、疲れてきたり、会話がなくなったりして車内の雰囲気が悪くなる時間もあるかもしれません。運転をせず助手席で過ごすことが多い方におすすめの、自動車での旅行を楽しくする方法を紹介します。 長時間同じ姿勢で運転していると、眠くなることもあります。そのため眠気予防のガムやあめは持参した方がよいでしょう。助手席の方はできれば寝ないほうがよいです。しかし眠くて不機嫌なまま起きているよりは、15分でも仮眠して元気を取り戻す方が有益です。寝る前に運転する方に声をかけるか、寝てしまった後にはフォローしておきましょう。また運転する方の要望を確認することも大切です。運転中に話をするのが楽しいという人もいれば、話をせずに運転に集中するのが好きな人もいます。気持ちよく運転できるように振る舞いましょう。

長時間過ごす車内を快適に!あると嬉しい持ち物

長時間のドライブに欠かせない持ち物を紹介します。まずは暇つぶしに欠かせない音楽です。お気に入りの曲をUSBやCDにまとめて持っていきましょう。一緒に歌うもよし、運転する方の好きな曲をまとめておくのもよいですね。 飲み物や食べ物を持っていくのも大切です。運転に疲れた時には栄養ドリンクがあると嬉しいですし、お茶があれば旅先で買う必要もなくなります。いつでも飲めるのがポイントです。浮いたお金は旅先でのグルメやお土産に使うことができます。ゴミ袋はもちろん持参しましょう。車内が散らかっていると気分も悪くなってしまいます。 長時間過ごすため、車内の環境を整えることも大切です。寒い時期であればひざかけを持参したり、夏であればまくだけで涼しくなる涼感タオルなどを持参するとよいでしょう。クッションや枕を活用し、リラックスした体勢で過ごせるよう工夫し、腰痛やお尻の痛みを予防しましょう。