1、運転手や幹事への配慮がない

何人かで一緒に旅行をしていると気の置けない友人グループでの旅行だとしても最低限の配慮をしない人は嫌われてしまいます。では、どのような行為が嫌われてしまうのでしょうか。 まずは運転手や幹事への配慮がない人は嫌われます。たとえばあなたが誰かの車に乗りあわせて運転した場合、ガソリン代、高速代は運転手がとりあえず払うケースが多いと思います。ETCがついていれば高速代はカードから引き落とされますし、ガソリン代もとりあえず運転手が払っておく、というケースも多いでしょう。他にも、どこかのお店を手配してくれた幹事がいたとしたらとりあえず会計を先に済ませてもらった、というケースもありますね。こういう時のお金をちゃんと後で精算しない、あるいは言われないと払わない人というのは嫌われます。やってもらうことを当たり前のように思うのはよくありません。感謝の気持ちを持ち、自分から精算するようにしましょう。

2、チェーン店で食事を済ませようとする

旅行の醍醐味は食事です。たとえば魚介類が有名な海沿いの町に遊びに行った、とか和牛が有名な街に遊びに行ったならぜひともそこの名物は食べたいですね。当然、地元の人気店で食べたいものです。ところが休みの日というのは人気店はどこも混雑してしまいがちです。行列ができてなかなかお店に入ることができない、というケースも多いでしょう。 確かにおなかがすいている時にずーーっと行列で待つのはしんどいものです。早く食べたいなぁとイライラしてしまう人もいるでしょうし、せっかちな人はもういい!となってしまうかもしれません。そこでチェーン店やコンビニで食事を済ませよう、と強固に主張する人は嫌われます。せっかく名物を食べられる機会をつぶすわけですから、いい顔をされるわけありません。待つのが嫌なら少しランチタイムを外す等の工夫をしましょう。 旅行は楽しいものにしたいですよね。友人に嫌われないような言動を心がけましょう。